日付の表現

この章では、日付や時刻の表現を紹介していきます。

日(число́)は序数詞の中性形で表現します。
「〜日だ」という場合には序数詞の中性主格を用います。

  • Какое сегодня число? — Сегодня первое. 「今日は何日ですか?─今日は1日です」

「〜日に」という場合には序数詞の中性生格を用います。

  • первого 「1日に」
  • Я родился тринадцатого ноября́. 「私は11月13日に生まれました」

以下に月(ме́сяц)の一覧を紹介します。
月を表す名詞はすべて男性名詞です。

1月янва́рь
2月февра́ль
3月март
4月апре́ль
5月май
6月ию́нь
7月ию́ль
8月а́вгуст
9月сентя́брь
10月октя́брь
11月ноя́брь
12月дека́брь

「〜月に」はв + 前置格で表します。

  • в январе́ 「1月に」
  • в ию́ле 「7月に」

「〜月…日」は日(主格) + 月(生格)で表します。
「〜月の…日」という形になります。

  • седьмой ию́ля 「7月7日」
  • седьмого ию́ля 「7月7日に」

年(год)は序数詞 + годで表します。

  • тысяча девятьсот девяносто восьмой год 「1998年」
  • двухты́сячный год 「2000年」
  • две тысячи одиннадцатый год 「2011年」
  • две тысячи двадцать второй год 「2022年」

「〜年に」は序数詞の前置格 + году́で表します。

  • в тысяча девятьсот девяносто восьмом году 「1998年に」
  • в двухтысячном году 「2000年に」
  • В каком году ты родила́сь? 「君は何年に生まれましたか?」

「Y年M月D日」は日(主格) + 月(生格) + 年(生格)で表します。

  • двадцать пятый декабря́ две тысячи двадцать второго го́да 「2022年12月25日」
  • Сегодня первый ноября́ две тысячи двадцать второго года. 「今日は2022年11月1日です」
  • Иван Сергеевич родился девятого ноября тысяча восемьсот восемнадцатого года. 「イワン・セルゲーエヴィッチは1818年11月9日に生まれました」

年月日をすべて数詞で書くと長いので、数字を用いて表すことが多いです。

  • 9 ноября 1818 года
  • Он родился 9 ноября 1818 года.

曜日

以下に曜日の一覧を紹介します。

曜日
月曜日понеде́льник
火曜日вто́рник
水曜日среда́
木曜日четве́рг
金曜日пя́тница
土曜日суббо́та
日曜日воскресе́нье

「〜曜日に」はв + 対格で表します。

  • в понедельник
  • во вторник
  • в сре́ду
  • в четверг
  • в пятницу
  • в субботу
  • в воскресенье

時刻

時刻は以下のように表現します。

  • (один) час 「1時」
  • два часа́ 「2時」
  • три часа 「3時」
  • четыре часа 「4時」
  • пять часо́в 「5時」
  • шесть часов 「6時」
  • семь часов 「7時」
  • восемь часов 「8時」
  • девять часов 「9時」
  • десять часов 「10時」
  • одиннадцать часов 「11時」
  • двенадцать часов 「12時」

часの格はそれぞれの数詞が要求する格に従います。
なお、часа́の発音はчиса́、часо́вの発音はчисо́вとなります。

分(мину́та)まで表す場合は時の後ろに続けます。

  • два часа сорок минут 「2時40分」
  • пять часов три минуты 「5時3分」

時刻を尋ねる表現には以下の二つがあります。
どちらも「今何時ですか?」という意味になります。

  • Который сейчас час?
  • Сколько сейчас времени?

この質問に答えるときは、"Сейчас пять часов."のようにします。

「〜時に」はв + 対格で表します。

  • в два часа 「2時に」
  • в пять часов 「5時に」

一般的には1時から12時の範囲で時刻を表し、午前と午後を区別したい場合は、утра́「朝の」、 дня「昼の」、ве́чера「晩の」、но́чи「夜の」などを用います。

  • семь часов утра 「朝の7時」
  • десять часов ночи 「夜の10時」

序数詞を用いて時刻を表す表現もあります。

  • первый час 「0時から1時」
  • второй час 「1時から2時」
  • двенадцатый час 「11時から12時」

この場合、分まで表現するときには、分を先に言ってから時を生格の形で続けます。

  • сорок минут второго 「1時40分」
  • в сорок минут второго 「1時40分に」